町並みの今昔 旅館編

油屋本店 古市 

上の画像は油屋騒動(あぶらやそうどう)で有名な油屋跡の石標です。外宮から内宮へ古市街道(ふるいちかいどう)を進み、古市郵便局を越え、近鉄線の陸橋の手前の右側に石標は立っております。油屋騒動を題材にした歌舞伎の演目のひとつに伊勢音頭恋寝刃(いせおんどこいのねたば)があります。

古市はお伊勢参りの参拝客の増加とともに、参拝後に精進落としをする人々が増加したことにより遊廓が増え歓楽街として発達しました。江戸時代末には、江戸幕府非公認ながら、江戸の吉原、京都の島原と並んで三大遊廓に数えられました。代表的な妓楼(ぎろう)としては、備前屋(びぜんや)、杉本屋(すぎもとや)、油屋などがあり、油屋は明治期に旅館業に転業しました。

発行年・発行所不明の旅館油屋本店・別邸の絵はがきです。右側が本店で左側が別邸になり、画像の建物は昭和20年(1945年)の戦災で焼失したそうですので、それ以前の画像ということになります。

絵はがきと同じ角度から撮った現在の画像です。フェンスの下には近鉄線が走っており、石標は灰色の建物の脇に立っております。

石標付近から宇治山田方面の画像です。別邸の跡地が大きく切り開かれ、線路が敷かれたそうです。電車が走っている真上に別邸があったのですね~。

陸橋の上から鳥羽方面を撮影した画像です。尾根に街道があったのがよく分かります。

発行年不明の油屋のパンフレットの表紙です。

パンフレットの表面にある鳥瞰図です。現在の「宮町駅」が「外宮前駅」となっていますので昭和6~8年ころに発行されたものと思われます。

パンフレットの裏面に掲載されている本店の「梅ノ間」と「盃ノ間舞台」の画像です。

「別館松ノ間ヨリ神路山ヲ望ム」と「駅前支店」の画像です。駅前とは山田駅(現在の伊勢市駅)前のことを指します。

引用元:昭和61年国書刊行会発行 ふるさとの思い出写真集 明治大正昭和 伊勢二見小俣、油屋発行 伊勢参宮乃志を里、wikipedia

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です