伊勢電鉄

大神宮前駅 伊勢電鉄

外宮(げくう)の北御門(きたみかど)から歩いて5分くらいのところに戦前に11年8ヶ月だけ営業をしていた伊勢電鉄→参宮急行電鉄→関西急行鉄道と変遷した鉄道の終着駅・大神宮前駅(だいじんぐうまええき)の跡があります。北御門を出ますと、左側にNTTの建物があります。

信号まで進んで左折しNTTの横を通り過ぎ、ファミリーマート伊勢外宮西店のある信号を左折すると、オレンジ色のレンガ造りのビルがあります。

ビルに近づき、右側を見ると駅名標を模した看板があります。

看板の裏側には説明文があります。

大神宮前駅(だいじんぐうまええき)は伊勢電鉄の終着駅として昭和5年(1930年)12月に開設されました。経営難に陥った伊勢電鉄は昭和11年(1936年)に参宮急行電鉄(現近鉄)に吸収合併されました。このときに参宮急行電鉄の伊勢へ乗り入れる路線が山田線・参急中川駅(現伊勢中川駅)~宇治山田駅と伊勢線・江戸橋~新松阪駅~大神宮前駅の2路線になってしまいましたが、軌道の幅が違ったことなどから、しばらくは運行は続けられました。

昭和16年(1941年)には参宮急行電鉄は大阪電気軌道と合併し関西急行鉄道となり、昭和17年(1942年)8月には不要不急路線に指定され、新松阪駅~大神宮前駅は廃止されてしまいました。

発行年不明の伊勢電鉄発行のパンフレットの表紙です。

パンフレットに記載されている宇治山田市(現伊勢市)の交通略図です。略図上に参急電車(現近鉄)の外宮前駅とありますが、現在の宮町駅であります。昭和8年(1933年)に外宮前駅から宮町駅に改称したそうです。

高千穂館発行のものと思われる、伊勢電鉄時代(昭和11年以前)の大神宮前駅の時刻表です。当時の定食や親子丼・ビールなどの価格表も記載されていますので、興味深いですね。

引用元:wikipedia

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です