内宮 摂社・末社

蚊野神社 蚊野御前神社 皇大神宮(内宮)摂社

皇大神宮摂社である蚊野神社(かのじんじゃ)、蚊野御前神社(かのみまえじんじゃ)をご紹介します。2社は同座しており、社殿はひとつであります。所在地は度会郡玉城町蚊野(わたらいぐん たまきちょう かの)にあり、皇大神宮摂社27社のうち蚊野神社が第7位で蚊野御前神社が第8位であります。

蚊野神社の御祭神は大神御蔭川神(おおかみのみかげかわのかみ)であり、鎮座地の蚊野地区を流れる外城田川(ときたがわ)の支流の川の神で、地域の開拓神とされる。蚊野御前神社の御祭神は御前神(みまえのかみ)であり、蚊野神社の御祭神・大神御蔭川神と同じく、外城田川の支流の川の神とされる。大神御蔭川神をなだめ、支える神であります。

伊勢市方面からですと、県道37号線を松阪市方面に進み、掛橋の交差点(サガミ伊勢小俣店)を左折します。県道13号線を進み京セラ玉城工場さんの正門を過ぎたところを右に入ります。

道なりに進むとT字路に突き当たり、右折して、すぐを左折すると・・・

蚊野神社の森が見えてきます。専用の駐車スペースは無いみたいです。

入口です。

少し入ると立て札があります。立て札の奥に樹皮が裂けて幹が剝き出しの杉の木があります。

盆栽風に言いますと、見事な舎利(シャリ)ですね。

参道を更に奥に進むと社殿があります。

近くには、伊勢路(伊勢神宮から熊野三山へ通じる参詣道であり、熊野参詣道のひとつである)が通っております。

引用元:wikipedia