町並みの今昔 旅館編

千秋楼跡 八日市場 宇仁館別館

今回は嘗て外宮の西側、八日市場(ようかいちば)にありました千秋楼(せんしゅうろう)をご紹介します。

創業時期は筆者の知る限り不明ですが、大正15年(1926年)敬神図書出版社発行の「伊勢神宮誌」の旅館・山田駅西方の項に千秋楼(料理兼営)とありますので、それまでには創業していたと思われます。

ファミリーマート伊勢外宮西店の看板

千秋楼があった場所は外宮北御門を出まして直進し、南島線(県道22号線)に出ます。信号交差点を左折し、NTTを左側に見ながら進みますとファミリーマート伊勢外宮西店が見えてきます。

ファミリーマートの信号交差点を直進し、20mほど進みますと右側には伝統薬として親しまれた「小西万金丹(こにしまんきんたん)」の建物があります。2ヶ月ほど前に補修した部分はありますが、明治初期に建てられた間口10間(約18,18m)もある立派な切妻造り2階建ての建物です。

小西万金丹の道路の反対側は福嶋御塩焼太夫(ふくしまみさきだゆう)邸があった場所で、その後、宇仁田呉服店となり建物は残されていたのですが、8月下旬に取り壊されてしまいました。

2019年5月 撮影

2019年5月に撮影した画像がありますが、福島みさき大夫邸跡の石標を目的に撮影したものなので、建物全体を撮影しておりませんでした。

宇仁田呉服店跡から50mほど進みますと、有文堂(ゆうぶんどう)の信号交差点がありますので、左折します。左側にある茶色の建物が有文堂さんです。

50mほど進みますと、左側にはミシュランガイド2019特別版で二つ星の「懐石 かみむら」さんがあります。

かみむらさんを少し通り過ぎたところにある路地を右折し、80mほど進みますと左側に広い駐車場があり、この場所に千秋楼がありました。

発行年不明の千秋楼発行の5枚組絵はがきのうちの1枚の玄関を拡大した画像です。千秋楼は昭和初期ころに宇仁館(うにかん)の傘下に入り、宇仁館別館千秋楼として営業を続けました。昭和20年(1945年)の宇治山田空襲の戦災を免れ、戦後しばらくは営業していたようですが、その後に取り壊されました。跡地に田岡産婦人科が建ち、昭和61年時点では市立おおぞら児童園となり、現在は駐車場となっております。

駐車場の北西側から撮影した画像です。駐車場の奥に見えるのが「網谷医院(あみたにいいん)」さんです。

駐車場沿いを南に進みますと、網谷医院さんの駐車場になっている古いレンガ造りの塀が現れます。千秋楼と関係があるのかは不明です。

5枚組絵はがきの畳紙

絵はがきの畳紙(たとうがみ)はまだ宇仁館別館とはなっていません。

左:庭園ヨリ座敷ヲ望ム 右:玄関
庭園ノ一部
左:雪月花ノ間 右:松竹梅ノ間
亀ノ間(百畳敷)
鶴ノ間(二百畳敷)

発行年不明(昭和20年以前)の宇仁館発行の9枚組絵はがきのうちの1枚になります。こちらには「宇仁館別館」の文字が記載され、玄関が増築?されて立派になっております。

引用元:大正15年 敬神図書出版社発行 伊勢神宮誌、昭和61年国書刊行会発行 ふるさとの思い出写真集 明治大正昭和 伊勢二見小俣

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です