外宮 摂社・末社

山末神社 豊受大神宮(外宮)摂社

山末神社(やまずえじんじゃ)は外宮の摂社で、伊勢市豊川町(とよかわちょう)にあり、外宮宮域・高倉山南島の端に御鎮座しております。外宮の参道とは直接つながっておらず表参道を出て宮域沿いを東に進み、岡本一丁目の信号交差点の手前の道路を右折し度会大国玉比賣神社(わたらいおおくにたまひめじんじゃ)の入口を越え、500mほど先に入口があります。

度会大国玉比賣神社の入口から南西方向に200mほど進みますと、小川が広くなったところがあり、数匹の鯉が泳いでいます。

白い鯉の他にも、灰色の大きい鯉も泳いでいます。

さらに宮域沿いを進みます。道路には歩道が無く、交通量が多いので注意して進んでください。

しばらく進みますと、右側に山末神社の入口が見えてきます。駐車場はありません。

参道です。

山末神社の社号標です。

鳥居は参道ではなく、石垣(南側)に向かって建てられていて鳥居と石垣の間はギリギリ人が通れる幅しかありません 。

山末神社は外宮の摂社16社のうち第13位であり、御祭神は大山津姫命(おおやまつひめのみこと)で、外宮神田の山の神かつ神田に水を満たす泉の神であるとされます。外宮神田は「豊宮崎の御田」と呼ばれ、山末神社の南一帯に広がっていましたが、現在では宅地化されております。

引用元:wikipedia

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です