町並みの今昔 鉄道・道路編

朝熊登山鉄道③ ケーブルカー 平岩乗換所~山上停車場

②でご紹介した絵画研究会出版部発行の「平岩乗換場ヨリケーブル線ヲ望ム」の絵はがきです。ここから線路の長さで1060m、高低差415m、最大斜度33度で山上停車場に着きました。そこから金剛証寺(こんごうしょうじ)まではおよそ2kmありました。

現在は木々が生い茂っていてわかり辛いのですが、近くまで行きますと②でご紹介したコンクリート製の階段状のプラットホームの遺構があります。

発行者不明の電車を間近で撮影した絵はがきです。昭和3年4月15日のスタンプ印があります。

絵画研究所出版部発行の「第一隧道前」の絵はがきです。電車の奥に海が見えますので山上側から撮影した画像になります。

絵画研究所出版部発行の「進行の光景」の絵はがきです。

絵画研究所出版部発行の「山上停車場」の絵はがきです。

別角度で撮影された「山上停留所」の絵はがきです。

現在の様子です。屋根は無くなっていますが、階段状のコンクリート製のプラットホームの遺構は遺されており、その上方には駅舎の遺っております。

駅舎を横から撮影した画像です。

絵画研究所出版部発行の「山上ヨリ鳥羽浦ヲ望ム」の絵はがきです。

角度は違いますが、駅舎上より撮影した五十鈴川河口方面の現在の様子です。

絵画研究所出版部発行の「朝熊岳全景」の絵はがきです。金剛証寺に通じる道にはたくさんの建物があります。

だいたい同じ方角を撮影した現在の画像です。

トイレ跡

金剛証寺へ向かう旧参道沿いには、トイレ跡や売店?跡の建物が遺されています。さらに進みますと東風屋(とうふや)旅館跡があります。

引用元:wikipedia

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です